置くだけでバッチリ太陽光発電投資|家計大助かりエコシステム

自然のチカラを利用

太陽光発電を設置してから変わったこと

太陽光パネル

我が家に太陽光発電を設置してもう10年になります。 その間に一番変わったことは、とにかく無駄な電気を使わなくなったことです。 本来なら太陽光発電で自家発電をするようになったのですから、電気をどんどん使うようになると思われるかもしれません。 でも太陽光発電を設置して毎日どれだけ電気が発電して、どれだけ電気を消費しているのかを操作パネルに表示されるので、それを毎日見ていると、いかに我が家で無駄に電気を使ったいるのが分かりました。 それで節電を心がけるようになり、気が付けば10年で消費電力が半分に減っていました。これが太陽光発電投資をいれたメリットの一つだと思います。

一番のメリットは買い取り制度です

確かに太陽光発電を設置するには、それなりの費用がかかります。一般的な戸建てなら、100万円単位のお金がかかります。 これだけの費用を自家発電で取り戻すにはかなりかかりそうですが、意外と費用の回収するのには時間がかかりません。 それは太陽光発電で発電した電気は買い取ってくれる制度があるためです。それも一般の電気代より高額で買い取ってくれるので、最近では太陽光発電を投資の対象にしている人もいるくらいです。 我が家もこの制度のおかげで10年経った今ほぼ回収しましたので今後の発電は不労収入となります。これが太陽光発電投資の一番のメリットと思います。 最後のメリットは発電するときに空気も汚さす、汚染物質も出さないとてもエコなものだと言うことです。 これから未来に向けてこういうエコな発電が増えてくれることはとても嬉しいことだと思います。